ディオール 服2021年秋冬ウィメンズコレクション – 装いのダイナミズム

アクネ ストゥディオズ(Acne Studios)の2021年秋冬ウィメンズコレクションが発表された。

豊かなボリュームにダイナミックな動きを与えるフォルムが特徴的な、今季のアクネ ストゥディオズ。シェイプさせたワンピースは身体のラインに沿ってエレガントな曲線を描くも、スリーブはボリューミーに。ディオール 服大胆なシルエットの対比を示す一方、波打つようなギャザーで表情に変化をつけている。

また、ショルダー部分をオーバーなサイズへと変調させたドレスは、アシンメトリックに片方の肩をはだけて身に纏うことで、動きのあるフォルムを生みだす。タイトなボディ部分との対比、布地の絶妙な歪みも、ここでは生気にあふれた表情を醸しだすことに寄与している。

ボリュームあるサイズ感をコントロールするひとつの方法がウエストベルトだ。フラワープリントを施したラップコートは、ゆったりとしたボリュームをウエストベルトで引き締める。他方で、スカートには深いスリットを施して、軽やかな息吹を吹き込むことも忘れてはいない。

テキスタイルが織りなすボリュームをもっとしなやかに、流麗なかたちとして留めるものがドレープだろう。燃えるような赤色で彩られた花柄のワンピースは、たっぷりと布の分量をとったトップの重さ、袖先にかけて広がるスリーブ、そしてスリット上に寄せたギャザーによって、ダイナミックなフォルムを生みだしている。また、さらりと身体を覆うシアー素材のトップスは、柔らかく優雅なドレープを描いている。

素材感は時の変化を経たような質感を基調としている。ロングジレやトレンチコート、ジャケットに採用したレザーには擦り加工を施し、経年変化を受けたような味わい深い風合いに。モンクレールパーカーコピーまた、パジャマやワンピースは、ピンクや水色の褪せたような色みと相まって、長年使い込んだタオルすら彷彿とさせる、懐かしいムードを漂わせた。

色彩は柔らかく穏やかだ。繊細なベージュに始まり、深みのあるブラウン、時折り差し込まれるレッド、そしてコントラストの効いたホワイトとブラック。また、量感とドレープの表情豊かなワンピースやゆったりとしたコートなどには、優雅な、あるいは溌剌とした花柄をふんだんに咲かせている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です