【ルック】オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™ 2021秋冬コレクション

オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™)が、2021年秋冬コレクションを発表した。

「Laboratory of Fun(楽しいを研究する研究所)」と題された2021年秋冬コレクション
そのタイトルは、1961年頃に建築家のセドリック・プライスが発表した「Fun Palace(ファンパレス計画)」に由来

2021年春夏シーズンに続き、このシーズンも“SeeNow, Buy-Now(今見て、今買う)”で展開。

本コレクションは、アブローが建築家として正式に訓練を受けてきたことを生かすような、直線的で構造を重視した美学的なアプローチが印象的。精密なシルエットとモノクロのルックが際立ち、これまでのオフ-ホワイトのスタイルに多く用いられてきたアイコニックなグラフィックやモチーフなどは極端に減少し、ブランドが打ち出す、新たな方向性を感じることができる。

なお、ウィメンズ、メンズ共に、ラムス(インダストリアルデザイナーのディーター・ラムス)が、ブラウン社(ドイツの家電製品メーカー)で手掛けた作品から引用したカラーパレットが基調となっており、グレー、ニュートラル、ミッドセンチュリー風のオレンジ、ブルー、イエローなどの色合いが目立つ。

オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー 2021年秋冬コレクションは、オフ-ホワイトの公式ウェブサイト(Off–White.com)と、デジタルマーケットプレイスのファーフェッチ(FARFETCH)で販売中。国内では、オフ-ホワイトの直営店および一部取扱店にて、7月下旬より展開される。

また、本コレクションの発表と同時に、パリには、オフ-ホワイトの旗艦店もオープンした。同店は、ショップだけでなく、カフェや展示スペースなどを備えたマルチなブティックとなっている。

【関連記事】​​​​​​​: 2021人気の新作ファッションが発表されます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です